ア行ウ段の「ウ」+++ウィーズル・ウォー・ダンス
ウィーズル・ウォー・ダンス
[Weasel War Dance]-「イタチの戦の踊り」興奮したときなど、フェレットが体の側面を見せて跳ね回ること。最初はびびるがそのうち遊びに誘っていることがわかる。子猫なども同様の仕草をするので、猫飼いの人にはお馴染みの仕草。 《誤》ダンス・ウイズ・ウイーズル

 なんというか、フェレットという生き物は向こう見ずというか、楽天的というか、ともかく一貫してそういう振る舞いをする。躊躇とか恥じらいとか謙虚というような日本人的な美徳の観念はハナから持ち合わせていないようで・・・いや、別にそれは良いとしても、元野生生物だった割には、行動に配慮がない。

 例えば、ジャンプ。高い所から飛び降りたり、離れたところに飛び移ったりする場合、奴らは大体50%割合で失敗する。高さの概念が無いと言われるが、距離の概念も相当怪しいのではないだろうか。

 例えば、ウィーズル・ウォー・ダンス。奴らは自分より遙かに巨大なニンゲンを挑発する。勿論、挑発されても本気で怒るほどこちらも子供ではないのだが、いやしくも元野生動物、到底かなわない相手に向かっていくのはいかがなものか。

ちなみにウォー・ダンスというのはアメリカやオセアニアの先住民族などが戦の時に相手を威嚇する踊りで、ニュージーランドのラグビーチームSilverFernが試合前後に必ず踊るのは有名。

ちなみに、イタチに挑発されて飼い主も一緒に踊ることを、ダンス・ウィズ・ウィーズルと呼ぶ。


(決してペットを飼っていない人の前ではやってはいけないことですぞ。)

[PR]
# by naka3051 | 2004-02-05 16:12 | いたちにまつわるアレコレ
ア行イ段の「イ」+++命の時間
a0002255_161033.jpg命の時間
 生物の寿命が心拍数によって決まるという説がある。ほ乳類では15億回~20億回心臓が鼓動するとその寿命を全うするとのこと。つまり心拍数の早い生物は寿命が短く、心拍数の遅い生き物は長生きだということになる。ここら辺の話「ゾウの時間、ネズミの時間」という本になっている。
フェレットどもの楽天的な顔を見ていると、すぐにお別れがやってくることを忘れがちだ。フェレットの心拍数は216~400回/分らしい(この数値はSBSペットさんのサイトから)。前に一度家の連中の心拍数を数えてみたら、落ち着いた状態で260回/分くらいだった。ということでキリの良い300回/分で上記の心拍数(15億回)から計算すると・・・。

■フェレットの命の時間
15億回÷300回/分÷60分/時÷24時間/日÷365日/年=9.5年

9年半・・・これが私たちにとって長いか短いか、非常に微妙だが、今3歳と2歳のフェレット達を見ると、少なくとそこまでは幸せに暮らさせてやりたいと思う。

さて、先ほどの心拍数の話に戻ると、一般的に「小さな生き物」ほど心拍数が早く、「大きな生き物」ほど心拍数が遅いらしい。ネズミは600回/分、ゾウはたったの20回/分だとか。小さな生き物は命を短く激しく燃焼させ、大きな生き物はゆっくりじっくり火にくべる、ということ。呼吸の早さ、食べ物の消化時間といった生理的なリズムもまた、心拍数と相関関係が見られるとのこと。

そういったことから、この説では、生き物それぞれが感じる時間の流れには、違いがあるのではないかとも言われている。ネズミの一生は2~3年だけど、ゾウの一生と同じ時間を「経験」する。決して儚い鼠生ではない。とここまで話が進むと少し救われる。

ちなみに人間の寿命を同じように計算すると、

■人間の命の時間
15億回÷80回/分÷60分/時÷24時間/日÷365日/年=35.6年

おっと、1965年生まれの私はすでに寿命を全うしている・・・。
(ま、人間は例外的に長寿だそうだ。)

私たちの命の時間は、フェレットの約4倍。つまり、私たちが4時間で経験する事を奴らは1時間で経験するということ。4倍濃度の濃い時間に生きているとも言えそう。奴らの2時間の睡眠は、私たちの8時間の睡眠になり・・・もしも、あなたが15分遊んであげたら、奴らにとっては60分めいっぱい遊んだ事になる。

と、言うことで、今日から 一日最低15分はめいっぱい遊んでやることにしよう。


(これ、実は結構大変だよ)

[PR]
# by naka3051 | 2004-02-05 16:11 | いたちにまつわるアレコレ
ア行ア段の「ア」+++アイコンタクト
アイコンタクト

アイコンタクト[eye contact]視線を合わせることによって, ことばによらず意図などを伝えること.〈現〉

 フェレットの視力は非常に弱いといわれている。一部の色を除いて色彩を感じることが無く、少し離れた物はボンヤリとしか見えないらしい。また薄暗いところに順応しているため、明るいところ、たとえば晴天の屋外などではよく見えないという。

 しかし、フェレットと暮らしていると、実に多くの場面で奴らからのアイコンタクトを受ける。もしもあなたがフェレットを1年以上飼っていて、ごく普通の関係を築いていれば、思い当たるフシはいくらでもあるだろう。


 足元から見上げて、何かを要求する視線。これに打ち勝つのは非常に強い精神力が必要になる。たいていの場合、飼い主は猫なで声(鼬なで声)で、抱き上げたり、おやつをやったり、オモチャを投げてやったり・・・つまり、奴らは眼差しの力で自らの要求を簡単に満たしてしまうのである。

 勿論、奴らが「おやつ・おやつ・おやつ・・・」と眼差しに念を込めていても、飼い主が「ハイハイ、抱っこでちゅね~」とか、とんでもない勘違いをすることもあるかもしれないが、まあ、奴らの要求は「食い物・遊ぶ・高いところに乗る」の3つくらいしかないので、かなりの確率で、望みの物を手にすることが出来るのだろうと思う。

 鳴き声や、尻尾の動きでのコンタクトがほとんど無いフェレットにとって、アイコンタクトは非常に重要なコミュニケーション手段である。飼い主としては、奴らに失望をさせないためにも、眼差しに秘められた要求が何なのかを見抜く、するどい洞察力を持たねばならない。日々研鑽努力なのだ。


(いえ、勿論私、努力なんかしちゃ、いないけどね)

[PR]
# by naka3051 | 2004-02-05 16:10 | いたちにまつわるアレコレ
高速道路で買い物に行く日常
a0002255_16842.jpg 先週末、我が家から車で約一時間、高速料金片道1500円をかけて、アウトレットモールに買い物に行った。まあ、アメリカあたりでは高速で郊外に向けてひとっ走り、安い衣料品を大量に買い込むってスタイルも当たり前なのかもしれないが、日本ではどうなのよ?

 確かに、70%OFFとか50%OFFとか、目が血走るような値段だったりするのだけど、賢明な私としては、高速料金とガソリン代がかかるの事に気がついて、考え込む。

 考え込んだあげく、高速代3000円+ガス代1500円=4500円の元を取る! ためには少しがんばって買い込む必要があることに思い至り、結構「買う気」で乗り込んだですよ。

 結果、夫婦で35000円くらいを消費。市価だと85000円也って事だったので、充分元は取った計算・・・・いや、ってなんなんだ?

 高速代を上回る金額を得するため、ついつい買いすぎてしまうのは、もしや、アウトレットモールの戦略にはまってしまったのか?

空っ風の吹きすさぶ中、充実のお買い物はこちら↓でした。
佐野プレミアムアウトレット
私が買ったのは上の写真の色違い(モスグリーン)16000円也。本家のサイトで見てみると$198ってなっていたので、まあ、満足かな。
[PR]
# by naka3051 | 2004-02-05 16:09 | いたち以外の話題
ご挨拶
a0002255_1679.jpg個人が作るサイトのコンテンツとして、掲示板、日記は必須ですが、
さらに、ペットサイトとしては写真館を追加して、3種の神器。

今のところ、マロ午後の中に取り込むか決めてませんが、
日記代わりのブログ・・・いや基本的には、ア、イ、ウ..と
50音順にお題を決めて書いていこうと思う。

皆さんからの温かいコメントは大歓迎。記事下の
Comments (*)って所をクリックして気軽にコメントしてみて下さいませ。


#いきなりここに来た方は、本家もどうぞ。
マロニエの午後


[PR]
# by naka3051 | 2004-02-05 16:08 | いたちにまつわるアレコレ
軽井沢 晩秋編
a0002255_1883134.jpg2002年 軽井沢
イタチたちと初めての旅行は、晩秋の軽井沢1泊2日。すっかり古い話ですが、写真もあるのでちょっとまとめておきます。

a0002255_1812553.jpg我が家から車で約2時間半(結構近い)、まずは旧軽井沢の奥、見事な紅葉の見晴台。

a0002255_18144970.jpgイタチたちはそこで生まれて初めての、落ち葉浴。狂ったように落ち葉に潜って遊びました。(けどすぐに寒がって飼い主の懐に潜り込んだのですが)

a0002255_18165927.jpg軽井沢で一番古いというショー記念礼拝堂を覗いたり、旧軽井沢を物色した後(オフシーズンのため店はほとんどしまっていましたが)

a0002255_18233790.jpgかつてジョンレノンが愛したという万平ホテルで昼食。で、そのまま宿泊・・・と言いたいところですが、残念ながらここではなく、中軽井沢にある星野温泉に宿泊。こちら星野リゾートとして、2つのホテルと2つの教会をコテージが囲むなかなか頑張っているホテルです。

a0002255_18324877.jpg星野温泉は現在、全面的に改装中ですが来年2005年には「星のや」という名前で、すっかり生まれ変わってオープンするとか。ちなみに、もう一つのブレストンコートは、飼い主夫婦の結婚式を挙げた場所だったりもします。
←コテージで和むイタチたち(いえ、全然和んでません、点検に忙しくチョロチョロしていましたが)


と、この日は軽井沢ライフ(の真似事)を満喫、翌日は某巨大アウトレットに立ち寄って帰って来ました。イタチとの初めての旅は、ま、イタチはよく寝るということで、手も掛からないし、車での旅行は大丈夫と言うことがよく分かりました。
[PR]
# by naka3051 | 2002-11-03 18:05 | いたちと行く旅