カテゴリ:リンゴの腸閉塞( 10 )
リンゴ医療費総計
a0002255_22493264.jpgリンゴ退院して2週間が経ちました。
←ちなみに写真は退院の翌日(手術1週間後)の縫い目です。今では少しずつ産毛も生えてきました。

で、忘れないうちに、今回の 毛玉 による 腸閉塞 、 手術 と 入院 など 医療費 の総計を(どこかで誰かの役に立つかも知れないので、検索用語たっぷり入れましたw)UPしておきます。


□胃の毛玉による腸閉塞と腸炎、腹膜炎
 入院12日間、手術一回、一時酸素テントまで使用しています。

□明細書の主な項目は
・検査関係[レントゲン、血液検査etc]で 約20000円
・手術関係[麻酔、手術、縫合糸etc]で 約38000円
・注射関係[点滴、各種注射、薬価ect]で 約46000円
・入院費[入院費、酸素テント、強制給餌、内服薬etc]で 約40000円

担ぎ込んだのが休日の深夜だったので、深夜の時間外診察代や、その他諸々でトータルとしては約16万円でした。(ただし、気持ちだけということで入院費を引いていただけ、最終的には15万円弱になりました。)
獣医さんの場合保険点数とかもないので、各病院で料金はまちまちですから、ストレートには参考にはならないかと思いますが、これぐらいという目安にはなるかも知れません。充分高いのですが、元気になって戻って来てくれた事を考えれば、納得--内容を見るとむしろ安いと思っています。

・・・でも、イタチ保険入っておけば良かったです(後悔先立たずw)。
[PR]
by naka3051 | 2006-06-25 22:49 | リンゴの腸閉塞
リンゴ帰還しました!
a0002255_9523576.jpg 昨夜、妻に連れられて、リンゴ退院致しました!(写真は今朝、マロニエに退院報告するリンゴです。)

昨日6/9午前に病院から妻の携帯に連絡が入り、リンゴ調子が良いので、退院しても良いとのこと。早速、夜迎えに行って退院となりました。
昨夜はリンゴ(もマロニエもw)やや興奮気味でしたが、今朝には落ち着いた様子。抜糸はまだ一週間以上先の予定で、少しだけ下半身が弱ったようにも見えますが、歩き回ったりベッドに登ったり、普通に行動しています。

a0002255_11101723.jpg←こういう風に伸びることも可能です(笑)
リンゴ「帰って来ました」
マロニエ「おかえり♪」

今回のリンゴの腸閉塞+入院では皆さんにご心配をおかけし、励ましのお言葉を沢山、回復のお祈りも沢山頂き、本当にありがとうございました。

最後に元気になったリンゴの動画もどうぞ
      ↓
リンゴ元気になりました(動画)
[PR]
by naka3051 | 2006-06-10 11:15 | リンゴの腸閉塞
リンゴ病理検査結果
a0002255_1249263.jpg昨日は妻が面会に行ってきました。リンゴは順調に元気になっているとのこと。
※写真は入院前日、ゆうさん宅に向かう車内で甘えるリンゴですw

 また、先生から摘出した脾臓の病理検査結果をコピーして貰ってきたとのこと。正直言って、読んでみても、専門用語(さらに不鮮明なFAXのコピーw)のために、よく分からないのですが(笑)要するに肥大+炎症してた脾臓は「髄外造血があり大量の血液をため込んでいる状態」だったようですが、悪性の腫瘍等はなかったととのこと。特に今後への問題は無いようなので、これまた不幸中の幸いということでしょうか。

ちなみに病理検査書には北海道の住所が・・・わざわざ、北海道まで脾臓を送って、検査だったんですね。これもまたすごい事だと思いました。
[PR]
by naka3051 | 2006-06-07 12:55 | リンゴの腸閉塞
リンゴ回復基調
a0002255_21244791.jpg今日で入院一週間が経ちました。
その間、山を二つほど超え、飼い主的にはなが~い一週間でしたが、今日あたりは点滴も(様子を見ながらですが)いったん外され、診察台の上でも少し歩いていました。久しぶりにお腹が床から離れたリンゴを見ました(笑)。
よほどのことがなければ、このまま回復してくれるのではないかと、思っています。

沢山励まし、お祈り頂き、ホントにありがとうございました。
[PR]
by naka3051 | 2006-06-04 21:25 | リンゴの腸閉塞
リンゴ山有り谷有り
a0002255_22174038.jpg 時間が開いてしまいましたが、リンゴのその後の様子を(半ば自分用の覚え書きとしても)ご報告します。
※写真は本日16:00頃のリンゴです。

前回ブログで5/30(火)に峠を越したと思っていましたが、その後ちょっと様態が悪化したようでした。(途中、私は仕事で家に帰っていない事が多く、妻からの連絡内容も入っています。)

6/1(木)
朝、入院先から連絡があり容態が悪化しているとのこと。流動食を全く受け付けない、ぐったりしているとのことで、妻が午前中面会に行き、自宅で「もしも」に備えて待機。私も夕方仕事を切り上げ19時過ぎに面会に。
ホントにぐったりして、目の焦点も定まっていないようでした。流動食を受け付けないのは味の好みの問題以前に、多分腸炎、腹膜炎が依然ひどく、食べたいと思うような状況ではないとの先生のお話。少しでも何かを口にすれば体力回復出来るので、家からいろいろ持参して試してみました。しかし、バイトも大好きなオヤツもほとんどダメ。
唯一オヤツの箱を「カシャカシャ」鳴らすと我に返るようで、食いついてくれました。(ゆうさん家で「ゴロン」披露の時にも効いた方法ですw)先生は「抗生物質を強い薬にかえ、カシャカシャやって給餌してみましょう」と。その夜は覚悟を決めないとダメかなという感じでした。

6/2(金)
幸運なことに夜中に病院からの電話はなく、朝一番で面会に行きました。昨日より少し良くなっているようでした。少し目に力が感じられるようになって、少しホッとしました。しかし、私は(またタイミング悪く)午後から福岡に一泊の出張に。
 妻も仕事に行き、帰宅後楽天たまいたちから届いたアイソカルでダックスープを作って、再度面会に。朝よりもずっとしっかりして元気も出てきたとのこと。「やっとやる気になってきたようですね」と先生も仰っていた、とのメールを客との会食の間に盗み見して私もホッとしてホテルで就寝しました。(ちなみにダックスープには見向きもしなかったとのこと・・・)

6/3(土)
せっかくの福岡なのですが、あちこち見て回る気力もなく(笑)昼前の飛行機で帰京しました。自宅に戻って、早速面会に・・・。リンゴは見違えるほど元気になっていました。目の焦点も合って、まわりに対する興味も出てきました。診察台での面会でしたが、終始顔を上げた状態で動き回ろうとしていました。落ち着きがなくなってきて嬉しいとは(笑)フードも少しずつ自分で食べ始めたようですし、あと少しでお腹も持ち上げられるようになるのでは、と期待して帰ってきました。

以上、とても長くなりましたが、リンゴ2回目の峠を越したので、ご報告します。
後は、このまま、回復基調にのってくれればと祈るのみです。

[PR]
by naka3051 | 2006-06-03 22:22 | リンゴの腸閉塞
リンゴ今日の様子
a0002255_193330.jpg
今日は私、タイミングの悪いことに仕事で家に帰れません(泣)。
なので、先ほど仕事帰りに病院に立ち寄った妻からメールが来ました。
以下ほとんど全文を転記します。
※写真は入院前日、ゆうさん、motyさんの家へ向かう直前、悪逆の限りをつくすリンゴです。まったく、この後大変な事になるのに、いい気なもんですな。

++++
今日は診察台での面会でした。
先生の話によると流動食をかたくなに断ってるらしい。
バイトなど混ぜて下さっているらしいけど、何か好きな物ありますか?と聞かれてしまいました。昨日とそれほど変わってない様子。
でも、途中で気がついたようで抱っこされようとしてきたのー、可愛かったよ。
++++

だそうです。
リンゴは食べ物に関してはほんとに保守的。なかなか馴染みのないものは食べようとしないんですよね。困ったものです。
うーん、それにしても、「抱っこして攻撃」か・・・早く連れて帰りたいものです。
[PR]
by naka3051 | 2006-05-31 19:04 | リンゴの腸閉塞
リンゴから摘出された毛玉
a0002255_12125580.jpg←これが、今回リンゴの胃から摘出された毛玉です。(勇気のある方は画像をクリックして拡大してみて下さい)
巨大ですね、ビックリしました。

 獣医さんがバリウムを飲ませてから、10分後、1時間後、2時間後というようにレントゲンを撮って下さったのですが、いずれも胃の1/3位が透明(バリウムが入らないということ)でした。レントゲンには写らない「何か」がある、という状態でした。毛玉はレントゲンに写らないという話を読んだことがあったのですが、まさにその通りでした。

 実はリンゴの体重増加とヘタレ具合が気になって、ちょうど一年前検査をしてもらったのですが、その時もやはり毛玉状の物はレントゲンには写っていませんでした。もしかしたら、そのころ(あるいはさらに以前)から少しずつ大きくなっていたのかも知れません。
 と言うのも、昨年夏からダイエットとして、フードを低タンパクのシニア系に替え一見順調に体重が減ってきたのもですが、もしかしたら毛玉によって胃の容積が減った結果だったかも・・・。

今日、私は仕事の都合で、面会にいけませんが妻が夕方寄って来る予定です。何かあればまたUPいたします~。
[PR]
by naka3051 | 2006-05-31 12:28 | リンゴの腸閉塞
今朝のリンゴ
a0002255_11373884.jpg皆さん励ましのお言葉ありがとうございます。

 今朝は飼い主的にも少し気持ちに余裕が出たので、一枚写真を撮ってみました。手には点滴のチューブが付いていますが、まだ嫌がって外してしまうほどの元気はありませんでした。
一昨日の夜の入院時にはぐったりして、顔を上げられないぐらいでしたが、今朝は顔を上げていました。まだまだ、目に力がない感じですが、このまま回復してくれると信じています。

※お土産(?)にもらった毛玉は、また後ほど写真に撮ってUPしますね。
[PR]
by naka3051 | 2006-05-30 11:42 | リンゴの腸閉塞
リンゴまずは順調
今リンゴの病院に立ち寄りしてきました。先生に手術中の写真を見せて頂きながら説明してもらい、摘出した巨大(!)な毛玉も記念に頂きました。
手術中は他の臓器もチェックして頂いたようで、炎症がひどく破裂のリスクがあった脾臓も(色もあやしかったそうで)全摘出したとのこと。脾臓自体の機能は他の臓器がカバーしてくれるので、心配ないとのこと。
リンゴ本人にも面会しましたが、頭を上げて少し動けるようになっていました。まだ表情は呆然wとしてましたが、なんとか峠は越したようです。
皆さん、お見舞いのお言葉ありがとうございました。
[PR]
by naka3051 | 2006-05-30 09:47 | リンゴの腸閉塞
リンゴ緊急入院
突然ですが、昨夜リンゴが緊急入院しました。
昨日昼過ぎから元気がなく、夜になるとグッタリ。21時頃には自力で水が飲めないようなので(休みでしたが)獣医さんに電話し、連れて行き、そのまま入院。
今日午前に検査したところ、胃に異物があるようでバリウムが腸に流れない・・・腸閉塞の疑いとのことで、午後から開腹手術となりました。
16時頃手術は終り、結果的には小指大の毛玉が出てきたとのこと。
腸の炎症がひどくまだ予断を許さない状態ですが、点滴、消炎剤等で治療を続けてもらっています。
早く戻って欲しいものです。
[PR]
by naka3051 | 2006-05-29 18:43 | リンゴの腸閉塞